ホーム 全件表示 その他 > ナット用・高度乾燥済み選別ハカランダ

ナット用・高度乾燥済み選別ハカランダ

クリックして画像を表示
選別ハカランダ材
クリックして画像を表示
ハカランダとエボニーの色味

クリックして画像を表示
ギター上の見た目違い
クリックして画像を表示
特別号:多くの人が間違える乾燥=ヴィンテージという図式
乾燥ハカランダ(※残り僅か)



先に登場している高度乾燥(ドライエイジング)エボニーに引き続き、ギター材は数多くありますが、その中で神格化されている”ハカランダ”を今回ご用意しました。
様々な材がナット用候補になりましたが、高度乾燥エボニーに対峙させるレベルの木材は、そうそうあるものではなかったのです。
しかし、ハカランダならば・・・と探しに探し、今回ようやく確保する事ができました。


今回用意できたものは、木目の筋の通りを吟味し、ハカランダの中から鳴りの良いものを贅沢にチョイス。
更に通常一ヶ月程度で終わらせる高度乾燥を、実験的にデータを取るため、半年以上かけて熟成させた
スペシャルセレクトの熟成ハカランダとなります。


現時点でも最高の条件を備えた材で、ハカランダそのものがワシントン条約により日本に輸入ができない状況を考えますと、これクラスの素材が今後手に入るかどうか難しいと思われます。
そのため、この高度乾燥選別ハカランダは特別ストックのため、在庫を持って打ち切りとさせて頂きます。


詳しくはフェイスブックの方で報告後、こちらにも音質など情報を随時追記して参りますので、お楽しみに。



FaceBookハカランダレポート

第一弾:【ハカランダとエボニーの違いって?】

第二弾:【ハカランダのナット材音質評価】


お役立ち記事:避けられないトラブル?エボニーへドライエイジングを行う最大の理由





ヴィンテージギターに合わせる古素材を探している方は良質な代替品としてはもちろん、
エボニーナットを標準で装備されているギターのグレードアップ。
合成材や骨とは違う良質な音を求められている方など。
新技術によって現代に再現されたヴィンテージ系パーツです。




■特別号:多くの人が間違える乾燥=ヴィンテージという図式
より深くドライエージングをご理解頂く為に、ご購入の方には情報誌を無料プレゼントしております。ドライエイドはどういった流れのものかを解説しています。


【ドライエイジングの秘密】
ドライエイジングとは一体何なのか。どのような工程を経て作られるのか。その秘密を見てみよう。


【サンプル音源はこちらからお聞きできます】
非常に軽く、硬度が出る事で劇的に木材が生まれ変わります!
シルドの経年変化技術の成果を音でご体感下さい。


【ヴィンテージ化させる意味とは】
こちらも一度ご覧下さい。


【頂いたご感想はこちらからご覧になれます】


お手持ちの木製素材をドライ処理されてみたい方は、ご相談に乗りますので、
メールフォームよりご連絡下さいますよう宜しくお願い致します。



表面状態:荒仕上げ
サイズ:約5~6mm(厚み)×11mm(幅)×46~48mm(長さ)
※上記以外のサイズをご希望の方は別途ご用意致しますのでお問い合わせ下さい。




このエントリーをはてなブックマークに追加