ホーム 全件表示 その他 > ヴィンテージブリッジ【エボニー】(ベリー型)ドライエイジング品

ヴィンテージブリッジ【エボニー】(ベリー型)ドライエイジング品

クリックして画像を表示
ドライエイドエボニー

クリックして画像を表示
特別号:多くの人が間違える乾燥=ヴィンテージという図式
高度乾燥を施されたエボニー製アコースティックギターブリッジです。

マーチンなどで見られるベリー型ブリッジに、音響木材に最適な乾燥を実現させるドライエイド工法を行いました。これはまさにヴィンテージパーツとして昇華させた【スペシャルブリッジ】となっています。

いくつかドライエイドパーツは登場していますが、トップ板へ弦振動を入力するポイントとして大変大きなウエイトを占める重要なブリッジ。
体積もそれなりにあるため、この部分の重量と強度(クオリティ)は音に大きな影響をもたらします。この部分に強度のあるエボニーをあてがうのは、その振動伝達を逃がしたくないためです。
例えば、サドルを隙間無くしっかりはまる様にしたとしても、サドル面の受けそのものが硬いか軟らかいかというポイントは見落とされがちです。これを気にされた事はありますか?
できるだけ軽量硬質な物をあてがう事で、レスポンスや解像度向上のパフォーマンスアップが望めるでしょう。

基本的にブリッジはその多くが木製であるため、近年の通常の軟らかい材よりも更に硬く軽量な材料への変更は、デメリットの少ない向上方法として考えられています。類似した話ですと、数十年寝かせたトップ板を張替えに使った事で、生まれ変わったという話もあるほどです。

生楽器ではアディロンやハカランダなど、音響的に優れた材を使う・・・
それだけで上位グレードとして設定してしまう程、素材の影響は楽器では大きいのです。

トップの張替え時やブリッジ割れの交換品はもちろん、ヴィンテージギターのリプレイスメントパーツとして、これ程うってつけのブリッジ品はなかなかお目にかかれないでしょう。
これと同等となると、数十年寝かせたエボニーやローズの古材をブリッジ状に切り出すという事くらいしか考えられません。

コンディションを気にしながらヴィンテージ品を選ぶのも良い楽しみですが、製造年が若く綺麗な仕上がりを持ったままでも多くのギターをヴィンテージに近づける事ができるパーツとして、多くの方にオススメします。
その素晴らしい立ち上がりの良さをご体感下さい。

※数量に限りがあるため、欠品の場合は直接お問い合わせ頂いたほうが確実です。


■特別号:多くの人が間違える乾燥=ヴィンテージという図式
より深くドライエージングをご理解頂く為に、ご購入の方には情報誌を無料プレゼントしております。ドライエイドはどういった流れのものかを解説しています。

【ドライエイジングの秘密】
ドライエイジングとは一体何なのか。どのような工程を経て作られるのか。その秘密を見てみよう。


【サンプル音源はこちらからお聞きできます】
非常に軽く、硬度が出る事で劇的に木材が生まれ変わります!
シルドの経年変化技術の成果を音でご体感下さい。


【ヴィンテージ化させる意味とは】
こちらも一度ご覧下さい。


【頂いたご感想はこちらからご覧になれます】


お手持ちの木製素材をドライ処理されてみたい方や別形状のもの、サイズの変更、お手持ちのギターへ乗せ変えの際はリペア等ご相談に乗りますので、メールフォームよりご連絡下さいますよう宜しくお願い致します。

※(未塗装エボニー)
※色味はご使用のディスプレイによって若干異なって見える場合があります。
※仕入れや仕上がり数などによって随時価格変動する可能性がありますのでご了承下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加